アウター×トップ=無限大!-kakemedroad-

今日も明日も日本のどこかでサドルにまたがる、慶應医学部2年生。U23ロードナショナルチーム。宜しくお願いします!

カケの医学への道 vol.1

たくさんのご質問を頂いて嬉しいカケです。

 

そんな中から最初の記事として選んだのは、こちら!

 

「クールダウンって本当に意味あるの?」

 

3人の方からこの質問を頂きました。

 

ほとんどのアスリートが実践しているクールダウン。自身も、練習後に行うのと行わないのとでは、翌日のパフォーマンスに差が出ることを体感してはいましたが、体の中でどんなことが起こって、クールダウンが疲労を残さなくさせているのかは、理解していませんでした。

これから、クールダウンについて、生理学の観点からその意味を勉強しようと思いますが、長くなってしまいますので、一日一項目ずつになるかもしれません。

 

以下に一つ一つ解説していきますが、大きく分けてクールダウンには5つの効果があります。(そんなにあるの...!!)

 

1. 帰還血流量の確保

2. 酸塩基平衡の維持

3. 乳酸除去の促進

4. 運動後超過代謝の減少

5. 筋痛の予防

 

なんか、漢字が多いですね... できるだけわかりやすく解説していきます。今日は、

 

1. 帰還血流量の確保

 

についてです!

 

人間の体は運動をするときには酸素を必要とします。酸素を運ぶ役割は、血液が担います。だから、運動するときには、末梢の筋肉などにより多くの血液が流れている状態になっています。

血液は、動脈で末端まで運ばれて、静脈で心臓まで戻りますが、動脈のほうが、静脈に比べて血液を送り出す力が強くなっています(というか、静脈自体にはほぼ送り返す力はありません)。つまり、行きは力強いけど、帰りは弱々しいんです。

で、その弱々しい帰りの血流を何が支えているかというと、、

筋肉の収縮が支えています。(これを筋のミルキングアクションといいます)

 

よく、立ち仕事をしていて足がむくむ人はふくらはぎの筋肉を使うと良い、とか言うことがあります。あれと理屈は全く同じで、末梢の筋肉を収縮させることで、静脈内の血液が心臓に戻るのを助けているんです。

 

で、話を戻すと、運動している最中は、筋肉をよく使い、循環する血液量が行きも帰りも多い状態に保たれています。

でも、運動をやめると、筋肉の収縮がなくなるわけだから、行きは多いままだけど帰りは少なくなってしまいますよね。これでは血液が全身を回ったことにならない。

血液というのは、動脈で新鮮な栄養、酸素を組織に送り届けて、組織で受け取った老廃物、二酸化炭素を回収する役割があるので、行ったきり戻ってこない状態はもちろんよくありません。

 

ダウンをしながらゆっくりと筋肉を動かすことで血液が帰るのを促し、文字通り「帰還血流量を確保」するのです。

 

いかがだったでしょうか。一つ目の記事を書くまでやたらと時間がかかってしまいましたが、本当にたくさんの質問を頂いているので、できるだけ多くにお答えできるよう頑張っていきます!

 

「夏の陣」終焉

お久しぶりです。夏休みも明けて涼しくなって、過ごしやすくなりましたね。

 

私はといえば全く過ごしやすくはない期間を送っていました。試験期間というやつです。

 f:id:kakemedroad:20170907220516j:image

ぐへえ。致死量は超えませんでした。なので生きてます。

 

 

僕の通う大学の医学部のカリキュラムは2年次に乗り越えるべき壁が3つほどありまして、

1.夏季期末試験(通称 夏の陣)

2.解剖実習

3.冬季期末試験(通称 冬の陣)

となっています。僕が乗り切ったのはその1番、夏の陣、です。

 

試験範囲に含まれるテキストの合計ページ数は1000ページを余裕で超えるので、高校までの勉強とやり方自体をガラッと変えなければならず苦戦しましたが、何とか乗り切ることができました。

 

唯一予定と違ったといえば、試験期間中にも当初は自転車に休むことなく乗る予定だったのですが、あまりの厳しさにさすがに毎日は乗れなかったことですかね。。。

 

さて、まだすべての試験が終わったわけではありませんがヤマは突破したので、リハビリライドと称して今日は御嶽山まで行ってきました。jproを走る選手がこんなことをいうのも変ですが、

やっぱり自転車って気持ちいいー!!

 

と心の底から感じました。苦しいところを拾えばいくらでも挙げられるけど、それを補って余りある、自転車の魅力。自分がレースを走る中で、そういうことを周りに伝えられるライダーになりたいなあと思ったのでした。

 
f:id:kakemedroad:20170907220328j:image

さて、東京ヴェントスはツールド北海道には出場しませんので、(勝手に広報でおなじみ伊藤選手は北海道選抜チームで出走しますので応援してください!!)次戦は今週末に伊豆ベロドロームで行われる全日本実業団トラックになります。

 

僕はクラッチ、ポイントレース、団体追い抜きに出場します。東日本トラックではスクラッチで優勝しているので、この勢いで全日本も獲れるよう頑張りたいですね。
f:id:kakemedroad:20170907220402j:image

 写真は東日本トラックのスクラッチ、シクロワイアード様より。

 

応援よろしくお願いします!!

猛暑の連戦を控えて

お久しぶりです。

 

試験期間のグロテスクな状態を切り抜け、やっと夏休み!自転車乗れる!という状態のかけです。

夏休み明けにもっと本格的な試験が待ってるんですが、まあそこは7月中くらいは目を瞑るとしましょう。

 

さて、自転車乗れる!とは書きましたが、そんな嬉々とした状況ではありません。

自転車に乗らされすぎて吐き気がするくらいです。笑

今週末と来週末は、長野と栃木で連戦となっています。

石川ロードレースでは、ほとんど練習していない状態でなんとかピュアホワイト死守にこぎつけた私ですが、ここ2連戦が一番の山場だと考えています。

石川でアンダー23の雨澤選手が優勝、同じくアンダー23の田窪選手が2位になり、一気に点差を詰められてしまいましたからね...

 

明日はヒルクライムで自分の出る幕はないので、もしかしたら明日で普段のジャージには戻ってしまうかもしれませんが、あくまでピュアホワイトは後から出てきた目標の一つですので、日曜日のクリテリウムでチーム念願の1勝をあげられるよう、咳き込んで...間違えた、意気込んでいるところです!

 

今週、来週は自転車に集中した生活を送れますので、魅せるレースをしようと思います。ご声援お願い致します!
f:id:kakemedroad:20170721162649j:imageph. Jprotour公式ツイッターより。

 

近況報告

こんにちは。熊野期間中は毎日ブログを書く予定だったのですが第1ステージで落車してしまい、それ以降あまり行動を起こす気が起こらずここまでダラダラと溜めてしまいました😅

 

熊野の落車では左手を強く打ち付けてしまい、また擦過傷もひどく、6日が経つ今でも治りきらないというところです。

多分プロ選手ならこれくらいの怪我、普通に練習して当たり前なのでしょうが、普段滅多に落車しない質で、今までで一番ひどい落車だったこともあり、思うように練習できていません。

 

那須は出場するつもりですが、無理をせず、本命の全日本に向けてまたコンディションを作り直していこうと思います。応援お願い致します!

 

アイギアのモチベーション

散々SNSでも大騒ぎしましたが、まだ騒ぎ足りないのでブログの記事にもしようと思います。笑

アイウェアサプライヤーであるルディプロジェクト様から、ピュアホワイトジャージに合わせた真っ白のフォトニックと、多用途に使えるアフターサングラス、スピンホークをサポートして頂きました。
フォトニック

スピンホーク

どちらもオレンジ系のレンズで、視界良好、ミラーが掛かっていて外から目が見られないところ、磨けば光るところが完全に自分の好みにどハマりです!

フォトニックですが、朝から晩まで、いつどのタイミングで練習時間がとれるか分からない自分は、普段は調光レンズを使っています。

これですね。
今回新たにミラーレンズをサポートして頂いたので、レースの時だけ、ミラーレンズに交換。いかにも決戦用という感じで、練習とレースで違いを持たせることで一層気合が入ります。

バーレーンメリダクイックステップフロアーズなどのワールドツアーチームもこぞって使用するアイウェア、ルディプロジェクト。使わせて頂くのは今シーズンが初めてですが、非常に調子良いです!是非checkお願いします!
フォトニック
FOTONYK | RUDY PROJECT
スピンホーク
SPINHAWK スピンホーク | RUDY PROJECT

子供たちの自転車の祭典、RCS!

お久しぶりです。生きてます。

 

ゴールデンウィークの思い出?自転車ですね。自転車しか乗りませんでした。f:id:kakemedroad:20170509113907j:image

休日さえあれば自転車にまたがる生活で嫌にならないの?と友達にはよく聞かれますが、別に全然苦痛ではないというか、自転車に乗るのが当たり前ですね。ドMなのか、二戸監督に調教されきってしまったのか、どちらかでしょう。

 

というわけで、今日はGWの最終日に手伝いに行ったランバイクの全国大会の話です。

 

そもそもランバイクとは??

 

2歳から8歳くらいまでの子供が乗る、ペダルのついていない、地面を足で蹴って進むタイプの自転車のことで、近年「ストライダー」の爆売れによって急速に日本でも人気が出ているスポーツです。300~400mくらいのくねくねと曲がりくねったテクニカルコースを、一斉にスタートを切った12人の子供たちが力いっぱいかけていって着順を競います。

 

今回はその日本最高峰の試合、RCS(ランバイク・チャレンジ・シリーズ)の第6戦で、富士山が見守る富士スピードウェイ駐車場にて華やかに行われました。ロードレースでいうところのjprotourみたいなもんです。f:id:kakemedroad:20170509113937j:image

 豪華なトロフィー!

 

実はランバイクの試合のお手伝いに行くのは初めてではなく、2回目なのですが、今回は全日本クラスの試合ということで、盛り上がり、注目度、運営の盛り上げなどすべてが別格で、手伝っているこちらも思わず子供たちが繰り広げるドラマにくぎ付けになってしまいました。

 

超!緊張の7・8歳クラス決勝のスタート前です。

f:id:kakemedroad:20170509113953j:image 

途中、出店を開かれていた方にランバイクの機材のお話を聞きました。

 

「これって、いくらくらいするんですか?」

「そうだねえ、熱心な親御さんだと20~30万円くらいかなあ。フレームは1~2万円。スチールとアルミがあるんだけど、子供たちの体重に対してフレームの重量は大人の乗るロードバイクより大きく影響するから、素材の違いは大きいね。」

 

汗汗。実際、会場にはフルカーボンフレームまで置かれていました(値段はオープンプライスでした)。ロードバイクと同じ、機材スポーツみたいです!

 

「何が一番高いんですか?」

「ホイールかな。手組するんだけど、通常はランバイク用の76mmハブを使うけど、うちではロードのフロントと同じ96mmハブで横剛性を上げてるよ。スポークの傾きがきつくなる分破断のリスクもあるけど、子供たちに乗り味聞くと全然違うみたいだね。9000dura-aceハブにカーボンリムで組んだ時は15万円くらいの販売価格になってしまった。」

 

「フォークをオフセットしたり、ホイールにバランサーをつけている子もいますね?」

「親御さんが自転車に詳しい場合は子供のランバイクも凝っていることが多いね。大人だと体のサイズの関係で実際に乗ってフィーリングを確かめることは難しいから、実際に子供に乗ってもらって、一番しっくりくるセッティングを模索したりするよ。」

 

んー!!ランバイクも奥が深い!中にはディスクホイールをはいていた子もいて、本当にこのランバイクにかける思いの強さが伝わってきました。

よーい。

f:id:kakemedroad:20170509114015j:image

どん!

f:id:kakemedroad:20170509114021j:image 

 

正直僕もこの試合でランバイクというものに感銘を受けてしまって、来週自分たちが運営する立川ランバイクシリーズの第一戦も、絶対成功させなければ!!と責任を感じたところでした。

 

あれ??今僕さらっと大事なこと言いましたね?

 

そう。東京ventosがランバイクの試合を運営することになりました!!初戦は今週土曜日(5/13)、立川の大型ショッピングセンターIKEA屋上でめでたく行われます!!

リンクです!!http://www.tokyowonderrace.com/2017trs_ikea

 

今週末の予定が決まっていない方!!子供たちが大好きな方!!この記事を読んでランバイクに興味を持ってくださった方!!週末は立川IKEAで買い物がてらにランバイク観戦なんていかがですか??

 

というわけで、ランバイクの宣伝記事でした!本業のロードバイクも毎日頑張ってます!以上かけでした~。

 

 

驚きの白さ。ありがとう、君とピュアホワイト。

なんとなんと。僕みたいな人間にジャージを着る機会が来るとは思ってもみませんでした(少なくともシーズン始まるまでは)。

f:id:kakemedroad:20170425124731j:image

驚きの白さ。ありがとう、君と(ry

 

宇都宮で7位、13位と悪くない成績でデビュー戦を終え、ピュアホワイトジャージを取りたいと思い始めて一か月。まさか本当にかなうとは。本当に、チームメイト、スポンサー様、応援してくれた皆さん、親、すべての人のおかげだと思います。感謝です。特に、インタープロのオーマィ!こと中田選手のファンの方。ありがとうございました。自分が呼ばれてるみたいで力になりました。これからはオーマェもよろしくお願いしますね!

 

レースレポートといっても時間が空いてしまっているので、day2だけ書きます。(以後である調)

 

出走前は総合成績10位につけていたので、ギリギリコールされて先頭でスタートが切れた。序盤は集団前方に位置し、スプリント狙いなので危険な逃げができないよう警戒しながら。チームメイトがチェックに入ってくれれば一番良いのだが、無限のチーム力があるわけではないので本当に危険だと判断すれば自分も動く構え。

序盤高木さんが逃げに乗ってくれてしばらく快適であったが、間もなく吸収。カウンターで2名逃げが決まるがこれはメンバー的に静観。キナンが集団のペースを極端に緩めたためタイム差が4分まで一気に開く。

 

ここで追走が決まる。ヴェントスとしてはこれに選手を送り込みたかったが、運悪く全員反応できるところにいない。追走が前と合流して大きな逃げになったら逃げきりの可能性がある。

高木さんの指示で伊藤さんが前に上がり、決して有力チームとは言えない3チームでのローテーションが始まる。前は有力チーム含む10人。ヤバいと思っていたが、伊藤さんが本当に強かった。タイム差を1分40秒まで3人で詰めた。

 

ここで再びキナンが出てきてふたをした時間帯があったが、マトリックスが集団狙いに切り替えたため鬼のようにペースが上がり、ついにラスト2周で逃げをキャッチ。ホット胸をなでおろした瞬間。

少しペースが落ち着いたところからマトリックスが行ったのが見えたが、昨日の感じからして吸収されるだろうと判断。そうでなくてももちろんゴール前2周で飛び出して逃げ切る脚は自分にはなかっただろう。

最終周はペースが速かったし、マトリックスもトレインを組んでガンガン牽いていたので、吸収された?と勘違い。心臓破りはシマノがトレインを組んで先頭を固め、自分は6番手。前回の宇都宮クリテ、群馬のday1からのフィードバックで、jproのスプリントは前からアシストが落ちてきてラインがふさがれることが多かったので、ラスト400mという付いてこられたら絶対集団に埋もれる場所からスプリント開始。

掛かりが良かったのと若干けん制が入ったのとで後ろが離れたのを確認。結果的に逃げ切りみたいな差がついて満を持してゴール。まあ、前に2人いたんですけどね。

f:id:kakemedroad:20170425152800j:image 

自分が意外とjproで戦えていることを素直に喜ぶ気持ちと、逃げ切ったホセ選手、土井選手の強さに僭越ながら悔しい気持ち両方を感じている。

しかし、正直ラスト3周は本当に苦しくて、エースを代わってもらうように頼もうか迷ったくらいのコンディションだった。AAAAというレートでだれもが狙っているこの一戦、やはり自分の快進撃もこれを前にしてはさすがに終わりかと覚悟した。

 

結果的に、それどころか真逆の結果になり、おそらく僕自身が一番驚いている。

決定的な逃げが吸収されたこと(これは半分は伊藤さん、半分はマトリックスの決断による運)、スプリントの早がけに牽制してくれたこと(運)、嬉しくて上位3人の中で一番派手なガッツポーズをしたこと(これも運、うん。)など、チームメイトのアシストと運に恵まれた結果だったと思う。

 

にしても、ピュアホワイトジャージを奪い取ったことは事実だし、個人ランキング3位につけていることも事実。いやー。重いですよ(本音)。

でも、元はと言えばjプロに揉まれてまともに走れるようになることを目標として飛び込んだ世界。肝心な一勝もまだあげられていない。

 

チャレンジャーはチャレンジャーのままで、気負うことなく、今まで通り今後の戦いに挑もうと思います。そんなオーマェの挑戦を応援してくださったら幸いです。いつかオーマィ!に負けんばかりのオーマェ!コールがもらえる日を夢見ています(聞き分けられるかは微妙です)!

 

ちなみに日曜日は家族で焼肉を食べて祝杯を上げて、そのあとはレポートのために徹夜しました...。大学の方も大変ですが全力で頑張ります!お読みいただきありがとうございました。

 f:id:kakemedroad:20170425124926j:image

写真:三井至氏より