アウター×トップ=無限大!-kakemedroad-

今日も明日も日本のどこかでサドルにまたがる、慶應医学部2年生。U23ロードナショナルチーム。宜しくお願いします!

全日本選手権ロードレースU23

陸路にて帰宅しました。エリートのライブTwitterだけではあまりに暇を持て余すので、レースレポートをアップします!観戦の暇つぶしにでもしてください!

 

結果 3位

 

全日本選手権といえば、先日2週に渡って行われていた学生選手権と異なり、プロや海外アマチュアも参加して、ナショナルチャンピオンジャージを争うとあって、みんなが照準を合わせてくるレース。

 

僕自身は今年のピークはインカレにあったが、先日の学生選手権2週連続の好成績により、急遽優勝戦線に加わる可能性が出てきて、僕自身、そして内外の皆様から期待していただいていたレース。

 

コースは前半に大きな登り、後半に下り基調となり、ひとつひとつの登りは4分、2分、1分と長くない。しかし前半は登りのインターバルが短い下りや平坦となっており、そこで一度ペースが上がれば10分踏み続けなければいけないことも考えられる。端的に言って、どんな展開が生まれてもおかしくない、選手からすると嫌な、観客からするとわくわくするコース。

 

木曜日に研究室に用事があり出発は金曜。陸路での移動だったが、今回の遠征には、学連の学生委員長もお務めの部活の先輩が、僕個人のために運転他マネージメントのサポートをしてくださることになっておりとても心強かった。有難うございました。

 

正直移動日は睡眠も足りておらずめちゃくちゃ疲れたが、前日は一応7時間の睡眠を取り状態も中の上。

 

当日は寝坊したのでバタバタしていたら時間がなくなりノーアップで出走した。

大方のレース予想は、まず序盤にセカンドエース級の選手が積極的に逃げを作り、集団がこれを容認してサイクリングペースになり、中盤から後半にかけてエース級がキレの良いアタックでブリッジして、前の生き残りと後ろから飛び出した選手たちで勝敗を決するだろうという、至ってベタなもの。一つ読み違えたことがあったが、大体合っていた。

 

序盤はスローペースから、日大鹿屋京産を含む8名ほどが先行してタイム差が3分弱まで拡大した。

この間集団で待機していたが、前が遅すぎて集団はペースが落ち着かず、また位置取りもナーバスで、ストレスフルな集団内だった。

チーム戦を仕掛けるチームが責任を持ってペースをコントロールすれば良いのに、みんな後ろに下がってしまったのでペースの上下動が激しかった。

 

遅いのに微妙に疲れて迎えた中盤、何周目かは忘れたけど登りの麓から一気にペースが上がる。この周の最初の10分は、下り平坦も含めてNP390w。集団を早く絞りたいけど、マークされるのは嫌で動けずウズウズしていた僕にとってはありがたく、もちろんついていく。
f:id:kakemedroad:20180624120610j:image

ペースアップに対応 c:岡元恒治様

 

一気に30名ほどまでスリムになって逃げを吸収し後半戦、途中海外勢が4人で逃げる場面があり、まさきさんがブリッジに行ったのでここは勝負どころと勘違いして抜け出してしまった。非常に無駄足だった。

 

おまけに、今日は大丈夫と思っていた脚があろうことか攣り始める。だましだまし走るのは学生個人ロードで練習済みなので苦ではなかったが、なにより攣りそうになってしまったこと自体がショック。全日本が終わったらベースから作り直さないといけないな。

 

そんなこんなで少し疲労が見え始めたラスト3周の登りの麓から石上がアタック。松田もついていった。

後ろがまだ15人ほどいたので、追いつくと思いこれを静観。あーあ。行っておけばよかったがこれは結果論だし、3位となった今ではどこかでドロップしていたに違いない、と、思いたい。


f:id:kakemedroad:20180624120751j:image

前二人を追走してペースが上がる集団 c:岡元恒治様

 

少人数参戦の2人が行ったので後ろは蠣崎以外全員が回ると思ったら、これが大誤算で、自分と他4,5にんしか回ってくれない。今日は終始ストレスフルな集団だった。

距離ばかりが消化され集団にあきらめムードが漂い始め、ラスト一周。

ここまでにブリッジの動きを作れなかった僕が弱かったし、石上の独走が本当に強かった。最終周の平坦は8人の集団全員が僕をマークしてのアタック合戦になった。

最後はスプリントに丸め込むことができなんとか3位でゴール。

 

f:id:kakemedroad:20180624120916j:image
シクロワイアードより引用。c:Kei Tsuji

※問題があれば削除いたします。

 

ゴール後に橋川さんからも言われたが、今の僕の脚では前の二人と一緒に走ってもドロップしていただろうし、悔しがる権利もないかもしれない。

しかし、勝負どころの判断を読み誤ったことで、自分で負ける展開のレースを作ってしまったことには猛省している。せめて食い下がって潔く負けるべきだった。

 

一方、大学1年生のときには、有力選手相手にある程度戦えれば満足、といった慢心があり全力を出しきれないレースが多かったのに対して、自然な流れとして、みんなの声援に答えて優勝しなければ、といった責任感、義務感、プレッシャーをうまく使って骨の髄まで出し切る走りができるようになった。そこは自己評価に値すると思う。

 

学生個人ロードに続いての3位になってしまったが、優勝した石上は高校生のときから憧れの選手で(今では友達でありライバルだが)、目標としてきた選手なので、いちファンとして嬉しいし、これからもその背中を追い続けていきたいと思う。

 

最後になりましたが、遠征に同伴して行き帰りの運転、サポートをしてくださった蛭川先輩、宇佐美監督、機材を貸していただいた高岡先輩、実況ラインを見守ってくれたチームのみんな、沿道の観客の皆さん、運営役員の皆様、そして、フレームをご提供頂いているavedioの犬塚さん、有難うございました。

 

このあとは試験を挟んでインカレ、国体と続きます。全国タイトルの夢は潰えたわけではないので、イチから自分の身体を見直して頑張っていこうと思います。


f:id:kakemedroad:20180624121151j:image

c:JCF

 

以上レースレポートでした!

全日本学生選手権個人ロードレース

練習、課題、研究室、大学の板挟みで体積が1/3くらいになっています。かけです。

 

一昨日行われた全日本学生選手権個人ロードレースで3位に入賞しましたので報告します。
f:id:kakemedroad:20180612122716j:image

 以下レースレポート

 

レース前日はキャンパスの近くで一人暮らししている後輩の家に転がり込んで寝させてもらう。

課題が立て込んでおり、日付が変わるまでパソコンを眺めていたら目が冴えてしまい、ほぼ一睡もできず朝4:30。

いそいそと車に乗り込み出発。天気は雨、しかも寒い。

しかし、寝られなかろうが雨だろうが寒かろうが、やることは変わらないので平常心でいつもどおり準備。今日はシングルに入れたらいいな、という心意気。

 

レースが始まり、そこそこ有力な8人逃げが決まる。集団がまだまだ大きかったし、有力選手が集団に控えていたのでここは待機。

前々の位置取りを心がけペースアップに対処して、逃げとの差が1分を割り込んできて、レースは中盤へ。

早稲田の孫崎さんが集団前方で一気に仕掛けた。その時私は集団中盤で京産吉岡選手と談笑しており、すっかり反応が遅れた。

とりあえず前に上がってホームストレートの下りをクリア。一号橋を渡って登りに入ると、まだ前が見えていたので、とりあえず行っておいて前待ちしても損はないと判断し一気にブリッジ。登り終わりには追いつくことができた。これが13周目くらいか?

 

その後は集団が一気に止まったようで2周もしないうちにタイム差が3分、最大4分にまで広がる。

京産や鹿屋、日大がときたま回らなくなったりしてストレスではあったが、それでも回る人数は足りていたので淡々と回し続ける。

 

しかしラスト4周あたりで脚に嫌な感覚が。攣りかけの状態になって、だましだまし走る。こうなっては、スプリントや独走での勝利は望めないので、逃げの人数が減ることだけを祈って限界ギリギリで走り続けた。

結果3人の生き残りに残ることができ、3位。

渋さ悔しさの残る結果だが、修善寺での全国ロードで着に入るなんて夢にも思っていなかった昨年や一昨年までの自分からすると上出来だった。

 

今回たまたま調子が良くて登れてこういう成績になったが、もっと本格的に登る全日本やインカレのコースでは更に厳しい戦いになると思うので、また頑張りたい。

 


f:id:kakemedroad:20180612124327j:image

集団前方でクリア。マネージャーどこだ?


f:id:kakemedroad:20180612124348j:image

10人逃げに乗る

 
f:id:kakemedroad:20180612124444j:image

4人に絞られた。ラスト2周。


f:id:kakemedroad:20180612124508j:image

いっぱいいっぱいでした。


f:id:kakemedroad:20180612124533j:image

孫崎さんありがとうございました。

写真はすべて岡元恒治様より。いつもありがとうございます。

 

以上簡単に振り返りました。今回もエヴァディオのフレームとホイールが僕の走りを支えてくれました。いつもありがとうございます!

 

コース上で応援してくださった方々、大変力になりました。ありがとうございました!

 

次は再来週の全日本ロードです。強い選手ばかりで目が回りますが、引き続き頑張ります。応援よろしくお願いします!

近況報告。

長らくブログの更新をしていませんでした。

 

5月の頭にJBCF東日本ロードクラシック E1で優勝して今季初勝利をあげることはできましたが、その後の東日本トラックで惨敗したり、ナショナルチームTOJの選考に選ばれなかったり、こりゃだめだぞ。。ということで、しばらく近況をご報告することなく練習に励んできました。元気にやっています。

 

そして、嬉しいことに、先週末行われた、全日本学生選手権の個人タイムトライアルにて

優勝することができました!


f:id:kakemedroad:20180605161709j:image

チャンピオンジャージとメダルと賞状


f:id:kakemedroad:20180605161742j:image

表彰式 (c)東大MG・植田さん


f:id:kakemedroad:20180605161944j:image

ゴール前、すべてを出し切ります。(c)学生自転車競技連盟

 

JPTを経験して学連に戻ってきて、今年はやるぞ!と意気込んでいたのに、シーズン序盤戦は思うように成績が出ず、フラストレーションが溜まっていました。個人TTは、レース展開も、マークも関係なく、脚と風の運での勝負ですから、勝ちを狙う上では外せないという思いで準備してきました。

 

それらが全て報われたようで、40分フラットというタイムで優勝することができました。風があるので比較はできませんが、ここ数年では速い方のタイムであり、内容としても満足のいくものでした。

 

その前の日に行われたチームタイムトライアルでも、慶應義塾大学として初となる7位入賞を果たし、良い週末となりました。


f:id:kakemedroad:20180605162716j:image

 

この結果に慢心せず、今シーズンまだまだ頑張っていきます!

 

また、もう1ヶ月も前のことになりますが、東日本ロードクラシックの優勝もご報告させていただきます。

 

得意な群馬サイクルスポーツセンターでのレースで、狙っていた試合でした。

レースを終始客観的に眺めて、乗るべき逃げに乗り、アタックするべきところでアタックして、最後は集団スプリントになるように集団をまとめつつ縦に伸ばし、渾身のスプリントで勝つことができました。こちらも、結果内容ともに満足できるものでした。


f:id:kakemedroad:20180605163705j:image

f:id:kakemedroad:20180605163123j:image

上2枚(c)三井至カメラマン

今年サポートして頂いているavedio(エヴァディオと読みます)のフレームとホイールは、とにかく「思いのまま」に操作することができ、登り、平地、下り、コーナー、スプリントと、全てにおいてオールラウンドにこなせる優等生です。

また、バーテープ「RCfit2.0」はグリップと衝撃吸収が絶妙で、長距離のロードレースでも手が疲れることがありません。

 

日頃私の活動を応援してくださるスポンサー、ファンの皆様、チームのみんな、そして家族に感謝を申し上げます。

 

そして、今週末は全日本学生選手権個人ロードレース、その2週間後には全日本選手権ロードレースと、重要なレースが続きます。応援よろしくお願いします。

 

以上近況報告でした!

 

運転→レース→(以後繰り返し)

全日本学生クリテリウム、東日本ロードクラシックを終えました。初日は12位、2日目優勝!

 

レースレポートはカメラマンの皆様のお写真を待ってからアップしたいと思いますが、その前に日記を少々。

 

昨日一昨日のスケジュールはこんな感じ。

 

4/28

3:00 起床

3:15 滋賀へ出発 500㌔

10:00 滋賀着

12:30 予選出走 20㌔

16:00 決勝出走 40㌔

18:00 撤収 群馬へ 500㌔

24:30 群馬着@バンガロー

25:00 就寝

 

4/29

5:45 起床

6:00 出発

7:20 会場到着

8:50 E1出走 36㌔

15:15 E3 チームメイトサポート

16:30 帰路へ 200㌔

21:30 帰宅

 

ということで、1200㌔の運転と3本のレースを走ってきたわけでした。

エントリーしたときは、特に何も考えていなくて、ただどっちも走りたいレースだったのでエントリーしたわけですが、やりきってみると、競技生活の中では最もタフな遠征でさすがに疲れました。

特に、土曜日夕方レースをして翌日の「朝」にレースをするのはこたえましたね。群馬県の山奥のキャンプ場の朝が寒すぎてほんとに出走辞めて二度寝しようかと思いました。笑


f:id:kakemedroad:20180430133455j:image

キャンプ場までの山道。ほんとに怖くて辿り着けないかと思った.......

 

初日は落車もしてしまい12位としょっぱい結果でしたが、2日目は優勝で飾ることができてこの遠征の苦労も報われたというとこでしょうか。

 

この遠征を経て心も身体もまた一つ強くなったと思いますし、ハードな日程に自信がついたので、これからの本番シーズンを快適に迎えることができそうです。

 

レースレポートはまた追って!

 

RCS#1 飯山クリテリウム

学連復帰戦の飯山クリテリウムに参加してきました。

 

初日 クラス3 優勝

2日目 クラス2 集団後方でゴール

 

今回のレースの最低目標は、「クラス2昇格」。当然だろ、とみんなに鼻で笑われるのですが、今回ばかりは以下のような理由でホントにびくびくしてました。

①開幕戦なので、昨年まで高校生だった強い子が誤って混入されている可能性があり、大変未知数

②今年から学連のインカレ出走人数の制限に伴い、強豪校でRCSに出ていなかった選手たちがクラス3から出走する

 

というわけで、しっかりアップしてスタートオイルまで塗って、結構な緊張感の中出走。

 

なんだか調子が悪くて、パールイズミのパッドが合ってない感じで尻の位置が定まらない。毎回スプリントになるので一着を取るが、いつもの感じでNP330wになるような強度に対応できるかというとそうではなさそうな調子。


f:id:kakemedroad:20180425153055j:image

そんなこんなで周回を重ねていると、段差をきっかけにチェーンリング周辺から嫌な音がし始めて止まらなくなった。FDがずれた!?らしい。

今まで走行中にFDがずれることなんてなかったのだが。。前日の夜もなんだか胸の虫が騒いだので増し締めしたし。。

 

なんとかニュートラルを認めてもらえて宮本先輩のバイクで再出走。ハンドルが近いので下ハンでもがけないが、何とか毎周回一着を取って、危なげなく優勝。
f:id:kakemedroad:20180425152749j:image

 

どんなにレベルの高くないレースでも優勝というのはなかなかできないので、勝ったときくらいガッツポーズしておく。

来年の新歓にむけての素材にするという目的もある。

GVAの2017パリルーべのコピーだけど、やっぱり全力を出し切った後の渾身のガッツポーズじゃないと見栄えしないな。

 

 

2日目はクラス2出走。

目的はもちろん2日連続の昇格だけど、スプリントにして勝つのはつまらないので見せ場を作りたいとも考えながら出走。

クラス2に昇格した時点で、学生の全日本クラスの試合は出られることが決まっているので、クラス1に上がるのはいつでもいいし、来週の全日本学生クリテのシングル順位で昇格する方が確率が高いうえに、今日をトレーニングと割り切って荒らせるので一石二鳥。

飯山は開幕戦ということもあり最初の数周はバイクペーサーがあるので、このうちは先頭にでても空気抵抗の不利がない。朝日大学が10人出走しているので、チームプレイを封じるためにバイクペーサーのうちにペースをガンガン上げて脚を削っておきたいところ。

 

そして出走、快調に攻めていたのだが、バイクペーサーが4周で離脱。あれ?10分じゃないの?

おかげで縦長にはなっているが、全然集団を絞れなかった。

 
f:id:kakemedroad:20180425152824j:image

その後は、朝日vs日大の構図のメイン集団の中で休みながら展開する。1時間そこそこのレースでNPが290wなのでかなりゆっくり。少なくともベルギー帰りの自分には止まっているように感じるし、密度も低くて風下に入り放題で超快適。ベルギー効果、でてます!

日大と朝日双方が乗る逃げは自分でブリッジしたりつぶしたりし、片方しか乗っていない逃げは乗っていない方の大学に追わせたりして効率的に展開して、ラスト2周。あ、同じ組で出走していた宮本先輩が要所でアシストしてくれて大変助かった。自分の昇格のために動いてくれて良いのに!宮本さんありがとうございます。


f:id:kakemedroad:20180425152939j:image
最終局面、京都産業の溝口選手のアタックをきっかけにペースの上がったメイン集団から日大の選手がアタックし4人抜け出すも、日大が速くて中切れがおきて一人で行っているのが見える。これは危ない!


f:id:kakemedroad:20180425153002j:image

ほぼ直感で勝手に足が動いて追っていた。そして二人になって、後ろを見ると横に広がってけん制気味になっているのが見えたので、「回そう!」と声をかけてガン踏み開始。ワンローテでサインを出したら日大がいなくなっていた。

さあ、ここの判断が大事だ。集団はまだ離れているが、朝日がトレインを組んでいるのは見える。しかし、脚を使ってしまった状態でのこり1.5km、1分30秒後のスプリントで万全の朝日トレインをおさえこめるか?

ノーだと思ったので、単独逃げを決意。


f:id:kakemedroad:20180425153016j:image
全開で踏んだが、ラスト500mで吸収され、ジエンド。

 

優勝は万全のトレインから飛び出した栗山君。日大と朝日の出走人数が多いなかで、それを利用したうまいレース運びができたと思うが、最後になかば行かされるような形で抜け出してしまったのが敗因。

順当にスプリントすれば勝てるレースだったと思うが、展開と判断に間違いはなかったと思うので、これはこれでヨシとしよう!
f:id:kakemedroad:20180425153030j:image

 

来週は強豪ぞろいの全日本学生クリテ、そして1000kmの移動を経て翌日が実業団の東日本ロードクラシック。

ハードな日程だけど、調子は良いのでどんな結果を出せるか楽しみ。

 

飯山でせっかく2日間追い込めたので、ついでに月火の全休を使って2日間追い込みを行った。足ガクガク。しっかり休んで週末に備えます。

 

応援よろしくお願いします!

 

写真提供:飯井先輩

 

TRS#1・チャレンジロード

日本に帰ってきてから最初のレースの週末でした!

 

土曜日は学連のベロドロームで行うTRS、日曜日は日本CSC5kmサーキットで行うチャレンジロードでした。

 

前日の金曜日から部車が出る日吉に前泊、修善寺に宿は取らずに、土日とも通いで参加しました!(コスト削減!)

 

土曜日のTRSは、個人追い抜き、団体追い抜き、ポイントレースに出場。個人追い抜きで自己ベスト、団体追い抜きも今できる中でのベストは尽くしましたが、ポイントレースは散々な結果でした。

 

昨年学連に所属しなかった僕はクラス2という第二カテゴリーでの出走で、優勝しての昇格を狙っていたのですが、一点差で2位となり昇格できませんでした。

 

敗因は、逃げの展開を狙ってアタックを繰り返したものの決まらず、毎ポイント周回でスプリントの展開になり、うまく点を取ることができなかったことですが、その日の展開をすぐに見極めて方針を修正することができず、課題の残るレースとなりました。

 

翌日のチャレンジロードは、本来苦手とするレースでしたが、昨年逃げ回って10位となり自信がついて、今年は積極的な動きや優勝を狙っていたレース。

 

純粋なクライマーには終盤の勝負どころで劣ってしまうので、先に逃げを打っておいて後ろから合流した本命選手たちに食らいつく作戦(去年と同じ!)。

 

ベルギー帰りということもあり、身体がとてもよく動いて、前半6周に計4回、逃げを作る動きをしましたが、今年は京都産業大学中央大学が逃げに乗ろうとせず、集団が活性化して徒労に終わってしまいました。

こうなってしまってはなすすべが無く、集団に戻ったタイミングで本命が動くアタックになり、これについていくことができず、勝機をみすみす逃してしまいました。

 

ベルギーで頭を使うレース運びを心がけてきたつもりですし、レース中はかなり冷静に運んだつもりだったのですが、蓋を開けてみれば無駄足だらけ。迷走しないようにしたいと思っているので、少し単純に考えられるようにリフレッシュしたいと思います。

 

しかし、ベルギーで登りの練習をほとんどしていなかったにもかかわらず、昨年より終始余裕があり、体もうまく使えていて、現に昨年のレースNPが306wだったのに対して、今年は317wだったことなどからも、自身の成長が伺えました。

 

ただパワーが出せても、要所でそれを使えないと意味がない。なので、今後本命となる全日本のつくレースまでに微調整を繰り返し、展開力を磨いていきたいと思います。

 

慶応ジャージになったのに、変わらず温かい声をかけて下さった方々、有難うございます!

また、今年の活動を支えてくれているエヴァディオの自転車は、集団の中でも一段と存在感があるように自分でも感じられ、気に入っています。性能も言うことなし、最高です!



f:id:kakemedroad:20180410215645j:image

一周目のアタック。三井至さんより。

 

来週は初めて出場する大磯クリテリウムです。楽しみです!応援よろしくお願いします!

帰国後初日

日本ってやっぱり良い国ですね。

 

何よりコンビニがあるのが便利。何を買うにも困らないし、外でご飯を食べるのが安い。

 

今日は軽く脚を回しました。
f:id:kakemedroad:20180329111234j:image

芦花公園交差点の桜。


f:id:kakemedroad:20180329111257j:image

かえってきたぜ新宿。


f:id:kakemedroad:20180329111314j:image

千駄ヶ谷某店にお邪魔しました。